HOME > 活動記録 [2009-2014]

活動記録 [2009-2014] 札幌琴似工業高校定時制演劇部

  下記の脚本を使用する場合はをご参照の上、にて、必ずご一報下さい。
作品名 内容紹介 人数 上演記録
海の上 空の青
[協力]
ある工業高校定時制の演劇部。
部員達は、大会に向けて台本を考えてくるが、どれも使えそうにない。
悩んだ挙げ句、部長がみんなの意見をまとめて時代劇に仕立て上げる。
腑に落ちない部員達だが、意外にも武士の生き様にハマってしまう。
そんな中、ふとしたことで新入部員の過去に触れてしまって……。
生徒達が心の傷と向き合う姿を描いた作品。
男 7 札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 努力賞)
 2009年10月1日 札幌市教育文化会館
トシドンの放課後
(作:上田 美和)
[潤色・協力]
問題行動で登校謹慎となった不良生徒。
教室に入ることのできない不登校の生徒。
共に生徒相談室で過ごすことになってしまった2人の不思議な交流が始まる。
“トシドン”とは、大晦日の夜、子どもを叱りにやって来る鬼の祭。
2人の心が通いあった時に“トシドン”が現われる。
本作は、女子生徒を男子生徒に変えて上演。
男同士の真っ直ぐな友情を描いた作品に生まれ変わった。
男 3
女 1
計 4
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 最優秀賞)
 2010年10月2日 札幌市教育文化会館
(全道大会 優良賞)
 2010年11月13日 だて歴史の杜カルチャーセンター
糸電話
亡くなった祖母にある言葉を伝えたい。
不思議研究部の面々と時間旅行をする女子高生を描いた小品。
男 6
女 3
計 9
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(LIVE×LIVE!! ~歌と芝居の一騎討ち~)
 2011年6月18日 ArtWarm
ブラザー
就職活動に失敗して引きこもる弟。
それを心配するフリーターの兄。
兄弟のやりとりをコミカルに描いた小品。
男 3 演劇集団RE
(LIVE×LIVE!! ~歌と芝居の一騎討ち~)
 2011年6月18日 ArtWarm
ヒーロー
夏休み子ども企画「レインボー5がやってくる」
ある遊園地のヒーローショー1時間前の舞台裏。
イベント広場にある野外ステージ裏側がむき出しの、
テント下の簡素な控え室で起こる小さなドラマを描いた作品。
男 8
女 1
計 9
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 優良賞)
 2011年10月3日 札幌市教育文化会館
(おバカな高校演劇対決)
 2012年3月25日 札幌市教育文化会館
不知火の燃ゆ
2008年に、留萌高校演劇部が支部大会・全道大会で上演した『朱の海』を「改稿して
上演したい」と「座・れら」より強い要望を受けて、新たに書き下ろした作品。
『朱の海』がベースとなっているが、改訂を重ねた上演作は、本来であれば用いない
台詞や展開や役が使われており、やや説明的になっているため、ここでは、『不知火
の燃ゆ』の原型とも言える第1稿を公開している。
「座・れら」が第7回公演でエントリーした「さっぽろアートステージ2012 TGR
札幌劇場祭」において脚本賞を受賞、合わせて、サンピアザ劇場神谷演劇賞の大賞も
受賞した。
北海道文化財団の海外交流事業により、韓国光州平和演劇祭で上演された。
「札幌演劇シーズン2014-冬」に選出された。
男 4
女 5
計 9
座・れら
(第6回公演)
 2012年6月22日~24日 札幌市こどもの劇場やまびこ座
(第7回公演 TGR 札幌劇場祭 脚本賞
 サンピアザ劇場神谷演劇賞 大賞)
 2012年11月23日~25日 サンピアザ劇場
(韓国光州平和演劇祭)
 2013年5月17日・18日
(第9回公演 札幌演劇シーズン2014-冬)
 2014年2月14日~18日 コンカリーニョ
3センチの歌
竹原ピストルの同名の曲をモチーフにした小品。
ある女の子の誕生日前日、愛犬の一周忌に起こる小さな奇跡のような偶然の物語。
男 3
女 4
計 7
演劇集団RE
(LIVE×LIVE!! ~歌と芝居の合縁奇縁~)
 2012年7月18日 ArtWarm
月までチャリンコ
統廃合で閉校を迎える発寒工業高校定時制。
最後の卒業生となる7人は、閉校式で垂れ幕を披露することになる。
閉校式を3日後に控えた4年生の教室。
7人は垂れ幕について話し合うが、なかなか良いアイディアが出ない。
そこへ、全日制の生徒が探し物に入ってきて……。
定時制の現状を赤裸々に伝える作品。
閉校式で披露された垂れ幕は、爆発的な感動を呼んだ。
男 9
女 2
計 11
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 最優秀賞)
 2012年10月4日 札幌市教育文化会館
(全道大会 優良賞)
 2012年11月18日 札幌市教育文化会館
ROAD TO ROADS
冬空に月が輝くさびれた街の商店街。
人生に迷い悩んでいる女の子のもとへ、ストリートミュージシャンがやってくる。
路上に佇む2人の前を、いろんな人が歩いてきて、立ち止まり、またそれぞれの道を
歩いていく。
2人はそんな人達のやりとりをぼんやり眺めていたり、時には巻き込まれたり、
時にはストリートミュージシャンが歌を添えたりする。
それぞれの人生に少しずつ触れた女の子は、勇気を取り戻して、自分の道を力強く
歩き出していく。
男 15
女 11
計 26
竹原ピストル
演劇集団RE
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(ROAD TO ROADS)
 2012年12月15日・16日 ArtWarm
少年花火
50周年式典を迎える札幌琴似工業高校定時制。
生徒会は、式典で展示をするはずだったが、プチ学祭をすることになってしまう。
戸惑う優等生な生徒会長と、暴走するおバカな副会長。
メンバーは生徒会長組と副会長組に分かれて、カレー対決をすることになり……。
定時制が抱える問題を伝える作品。
式典で披露する校歌の大合唱は圧巻。
男 10
女 2
計 12
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 優秀賞 舞台技術奨励賞)
 2013年10月3日 札幌市教育文化会館
オリオン座最終興行
北海道蘭別市の駅前商店街の角地に建つ古い映画館「オリオン座」。
創業79年目を迎えたが、道路拡幅工事による取り壊しのため廃業。
閉館する映画館を舞台に、最後の上映に集まった人たちが織りなすドラマを描く。
地方の小さな町の現状を浮き彫りにした作品。
男 5
女 9
計 14
演劇集団RE
(第4回公演)
 2014年3月8日 ターミナルプラザことにPATOS
北極星の見つけかた 男 9
女 3
計 12
札幌琴似工業高校定時制演劇部
(石狩支部大会 最優秀賞)
 2014年10月 4日 札幌市教育文化会館
(全道大会 最優秀賞)
 2014年11月14日 小樽市民会館
(卒業公演)
 2015年 3月28日 ポルトホール
(壮行公演)
 2015年 7月25日 ポルトホール
(全国大会 優秀賞 舞台美術賞)
 2015年 7月31日 ひこね市文化プラザ
(優秀校東京公演)
 2015年 8月29日 東京国立劇場